読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食女の気まま暮らし

Twitterより多少文字数の多いひとりごと。

V6が愛なんだを歌うメリットを考えた

V6

先日のFNSを見て、V担のほとんどが

本日の愛なんだも最高でした!って思ったよね?

でも愛なんだを歌うと分かった瞬間、「また愛なんだか」「やっぱりね」

と瞬間的に思っちゃった人も少なくないはず。

愛なんだという曲が嫌いなわけではないしむしろ大好きだし、

最終的に最高だぜええええってなるんだからこの選曲に文句をつける気はさらさらないです。

たまには別のものを・・・と欲することは人間だれしもが持つ決して避けられない感情だもんね。

それでも、愛なんだが流れるたびに「またか」って考えてしまう自分が悲しいので

V6が歌番組のたびに愛なんだを歌うメリットを考えてみました。

 

V6=愛なんだが成り立つ

なんで毎回毎回V6に愛なんだを歌わせるかって、単純にウケがいいからですよね。きっと。

テレビ番組って人に見てもらわないと成り立たないもん。

愛なんだって、単純にいい曲だもんな。歌詞もメロディーも覚えやすくて思わず口ずさみたくなる。

ファンでない人もテレビの前で「だーめだめだめ♪」って手をフリフリしてくれたらそれはもう、我々の大勝利です。

ファン心理からすればV6は愛なんだ以外にもいい曲いっぱいあるんだよ!って言いたくなるけれど

ファンではない人にV6=愛なんだって認識されて

「あ、V6愛なんだ歌うかな?見よ」って思う人が1人でも増えたらそれはもう大変よろこばしいよね。

6人が楽しめる

twitter.com

これだよ。

たとえば、歌番組ごとに違う曲をやるとしたらそのたびに振り起しをして歌詞を確認してって作業が必要になってきますよね。

愛なんだだとそれがいらない。(たぶん)

V6はもう息をするように愛なんだ披露できる。(たぶん)

だからさ、曲が始まる直前でも剛くんはリラックスしてる

坂本くんはふっとばされても「風のガードレール♪」ってちゃんと入れる

岡田は安心してメンバーにちょっかいかけられる

V6はもう、愛なんだに関して多くを考えずにただ楽しむことに集中できるんだよ。

結局私たちファンは、6人が楽しそうなのが一番うれしいんです。

余計なことを考えなくていい

今度はファン側の心理。

メンバー同様、ファンにも愛なんだという曲は刷り込まれている。

歌詞はもちろん、踊れはしないもののステップもダンスも把握しきってるし

フリなんて頭で考えるよりも先に体が動き出すレベル。

愛なんだはたぶん私の血液まで浸透してる。

だから!6人のかわいい探しに徹することができる!

www.z-kimama.net

 

 

次回の愛なんだも楽しみにしています!!!