読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食女の気まま暮らし

Twitterより多少文字数の多いひとりごと。

オーダーメイドノートを作ってみた

蔵前駅にある、”カキモリ”さんでオーダーメイドノートを作ってきました。

f:id:a1101:20160507190428j:plain

オープン時間の11時ピッタリにお店に到着してみると、先客は3、4組ほど。

先頭の方から、店員さんよりノート作成の手順説明を受けているので

店内を見ながら順番待ちです。

 

・表紙、裏表紙を選ぶ

 私は表紙を単色、裏表紙をおにぎりの柄を選びました。

f:id:a1101:20160507191036j:plain

・中紙を2~4セット選ぶ

 カレンダーや仕切り用紙、封筒などはあまり厚さがないので

 4セットの紙に別途プラスしてもいいみたいです。

f:id:a1101:20160507191137j:plain

1つめはマンスリーのダイアリー。

日付は手書きです。

なので、、、

f:id:a1101:20160507191633j:plain

間違いもしょうがない。(ペン色間違えて、2016の2だけ青くなった)

 

f:id:a1101:20160507191747j:plain

ここに仕切り用紙を入れてみました。

思ったより薄かったから、少し目立つように色つきにしてもよかったかな~

 

f:id:a1101:20160507191921j:plain

2つめの中紙は「トモエリバー」という紙の罫線。

 

f:id:a1101:20160507192115j:plain

3つめは「コミック紙」のドット。

薄いグレーがとてもきれいな紙です。

 

f:id:a1101:20160507192309j:plain

一番後ろには封筒を挟んでみました。

 

・リングの色と留め方、留め具を選ぶ

 欲しい紙類をすべて手に取ったら、カウンターにて店員さんと最終調整。

f:id:a1101:20160507212255j:plain

リングは銅色で上下留め、留め具は黄色の封冠をチョイス。

 

 

30分ほどの待ち時間で製本作業が完了しました。

私のノートは1,850円となりました!

使い終わったら、有料にて中紙を交換してくれるそうなので

大事に使おうと思います。

 

帰りに浅草寄ってみたらすんごい人でした。

さすがゴールデンウィーク。

f:id:a1101:20160507212812j:plain